ネット上の情報に注意ください。

先日、友達からこんなHPがあるけど、どう思うと指摘されました。

それは、『フィリピン留学で韓国系、韓国人経営の学校が日本人に向かない理由』と題した記事でした。

この様なでたらめな記事を、さも真実の様に平然と書く輩の気が知れません。同じフィリピン留学業界で働く者として非常に恥ずかしく思います。フィリピン留学に後発で参入し開校3年程の者が、事実をご存じでないのか何らか隠しているのかは定かではありませんが、この様な偏見のみで記事を起こした事を腹立たしく思います。

確かにフィリピン留学は現在、こうした日本人経営の語学学校の参入により競争が激しくなっていますが、PSAAや学校の経営者たちは、フィリピン留学を良い方向に持って行こうと努力しています。他校を嘘で侮辱して、果たしてどうかと思います。

韓国系の学校は、韓国人用に作られている為、日本人に向かないとの事です。先ず、韓国人用の教科書を使っているとの事ですが、大半の韓国系の語学学校は、ケンブリッジ発行の世界的スタンダードな教材を使用しています。教科書に韓国語でも書いてあるのでしょうか。

ス パルタがダメだと決めつけていますが、実際に日本人の方が受講し、短期間で実績を上げ卒業して行った学生も沢山いる事は事実です。この学校が始まる前から スパルタプログラムは存在していましたし、スパルタにするか通常のコースにするかは、留学生が決める事です。フィリピンの語学学校には沢山のコースがあり ますので、どれを選択するかは留学生の自由です。開校間もない学校が云々言う話ではないと思います。

食事の面でも、現在かなりの数の日本人が留学しています。競争も激しくなっているので、食事面においても各学校は気を付けています。

現 在でも、多くの日本人を受け入れている韓国系語学学校が、なぜ選ばれているのかもう一度考えて下さい。本当に韓国人用に作られている学校であるならば、沢 山の日本人が今日でも選択するのはなぜなのでしょう。老舗の韓国人経営学校は、長い経験と実績で教育のノウハウを持っているのです。各学校の強みで分ける のであれば分かるのですが、韓国人経営や日本人経営の学校と分ける事自体が先ずおかしいと思います。

ま た、「急増する日本人経営の語学学校の課題一覧」と題しても、日本人経営の語学学校のほとんどが観光レジャー型語学学校であり、客観的に英語力を伸びたこ とを証明出来ない(する気もない)等記載されています。この様な内容は全てでたらめです。試験を定期的に行っている語学学校も多数あります。

留学の本当の意味を考えて下さい。英語学習は勿論ですが、他に外国人との異文化交流が出来る事も大事であり、海外留学の魅力だと思います。海外留学が失敗する要因の一つは、留学先で日本人同士が仲良くなってしまう事です。

『嘘をつく留学エージェントには要注意』と記載がありますが、私から言わせて頂くと『嘘をつく語学学校には要注意』です。

私はフィリピン留学に15年以上携わっているので、堂々と発言出来ます。

皆様、ネットでの情報には、くれぐれもご注意ください。

(財)フィリピン留学普及協会

代表理事 峰村 篤

PAGE TOP